お知らせ Archive

tumugu=つむぐ=プロジェクトの啓発活動について
Posted on:2017年10月31日お知らせ

昨日、登録ボランティアとして公認をいただいている神奈川県動物保護センターに、tumugu=つむぐ=プロジェクトが避妊去勢を推進していない団体である、そのような団体を公認していてよいのか・・・、また推進していない団体なら、登録をはずすべきであるというご批判の連絡をいただいたようです。
どこからそのような見解になったのかわかりませんが、いただいたご批判ご指摘は、事実ではございません。

これまで、センターと協力体制で実施してきた『犬のしつけ方教室』においても、またその他活動において、座学、実技通して、飼い主さんには避妊去勢のメリット、デメリットを正しくお伝えし推進するという姿勢で啓発をしてきております。
また、1月下旬に実施予定の『いのちつないだワンニャン写真コンテスト受賞作品展2017』の開催を通して、猫においては、避妊去勢、TNRの活動を推進、それを知っていただくための展示を行っております。
こちらの活動も今年で4年目となります。

また、その他の要件についても、神奈川県動物保護センターの公認ボランティアとして、センターの指針には沿い、活動を続けております。
これまでの活動実績を正しく見ていただけたら、私たちの姿勢は明らかと思われます。
それでも、誤解を生じてお気持ちが乱される方がいらっしゃるのだとしたら、表明することでお気持ちが少しでも楽になるのならと思い到り、私たちの姿勢をお示しさせていただきました。

私たちが活動を通して願うことは、犬や猫、動物たちが、飼い主さんとただただ幸せに暮らしてほしい、笑顔あふれる日々であってほしい、それだけです。
そしてそのために、日々の守るべき暮らしがある中、それぞれができることを、できるかぎり気持ちよく力をあわせて、一つでも笑顔が増えてほしいと願い、活動しています。

互いの立ち位置を尊重するところから、まずはじめ
建設的な議論をするように心がけ
啓蒙ではなく、啓発であること
この3つの姿勢を、tumuguを立ち上げた時から、今も、そしてこれからも大切に引き続き進めていく想いです。

tumugu=つむぐ=プロジェクト
代表 佐竹加代子